階段昇降機とは?

概要

車いすでの外出に

玄関前の段差などがある場合、車いすでの外出は介助者の助けが必要で大変でした。段差解消機タスカルLIFTがあれば車いすに乗ったまま、段差を昇り降りでき、外出が容易になります。

詳しく見る

かんたん操作

操作は操作スイッチで行きたい方向のボタンを押すだけのかんたん操作。押し続けている間だけ動作するので、誤動作を防ぎ安全です。

詳しく見る

高い安全性

もしもの時にそなえ万全に。タスカルLIFTは各種安全装置で高い安全性を確保しています。

詳しく見る

機能・特徴

かんたん操作

操作方法はいたって簡単。 電源キースイッチを入れてテーブルに乗り、後は操作スイッチで進みたい方向のボタンを押すだけです。 押し続けている間だけ動作するので、誤動作を防ぎ、安全にお使いいただけます。

スロープよりも省スペース

スロープを設置して段差を乗りこえようとすると、一般にその段差の12倍の距離を必要とします。この場合十分なスペースを確保しなければなりません。 段差解消機「タスカルLIFT」なら、省スペースで設置可能なほか、簡単操作のため誰にでも容易に段差の昇降が可能です。

ストローク別の4タイプ

段差の高さに合わせて4タイプ。ストローク65cmのDA-65、ストローク100cmのDA_100A、ストローク150cmのDA-150A、ストローク240cmのDA-240A。

安全性

作動時の落下を防ぐ遮断棒

タスカルシリーズは安全を考慮して設計されていますが、走行中に姿勢をくずす等昇降機から落下すると大事故につながります。
高いストロークのDA-150A、DA_240Aでは万が一の事故防止に遮断棒を標準で装備しています。また低いストロークのDA-65A、DA-100Aもオプションで取り付けできます。

誤動作・いたずら防止のキースイッチ

使用時以外にレバーを押してしまい機械が作動してしまうと危険です。また目の届かないところでお子様が遊んでしまう可能性もあります。 キースイッチをオフにして抜いておくと昇降機は動作しません。未使用時は必ずキーを外しておきましょう。

仕様

タスカルLIFT
遮断棒
作動時の転落を防ぐぎます。(DA-65A・DA-100Aはオプション)
操作スイッチ
上下方向に移動する際に使用する動作スイッチ
自動収納スロープ
段差解消機が上昇するとスロープが自動収納(オプション)
テーブル
車いすで乗り込みます
上部乗り越えブリッジ
段差解消機から上階への橋渡しをします(オプション)
型式 タスカルりふと DA-65A/100A型
(屋内・屋外併用タイプ)
タスカルりふと DA-150A/240A型
(屋内・屋外併用タイプ)
用途 車いす用
定員 1名
積載量 200kg 185kg
定格速度 3m/min
走行行程 65cm以内(DA-65A)/100cm以内(DA-100A) 150cm以内(DA-150A)/240cm以内(DA-240A)
最低高さ 8cm
操作方式 押し続けボタン(ペンダントスイッチ)
駆動方式 チェーンスプロケット
電動機 200W インバーター制御
電源 単相交流100V 50/60Hz
安全装置 ・リミットスイッチ  ・押し続けボタン  ・押し続けボタン定位置検知装置  ・運転キースイッチ  ・電磁ブレーキ ・落下防止装置(チェーン切断検知装置)  ・接触式障害物検知装置  ・漏電ブレーカー
標準装備品 ・ペンダントスイッチ    ・遮断棒(DA-65A/100Aはオプション)
オプション ・上部乗り越えブリッジ  ・呼び送りスイッチ  ・自動収納スロープ  ・停電時降下装置  ・遮断棒(DA-150A/240Aは標準)

オプション

上部乗り越えブリッジ
上側で昇降機から下りる時に段差にかけるブリッジです。手動で開閉します。
呼び送りスイッチ
段差を離れて操作できます。
自動収納スロープ
段差解消機が上昇すると下側のスロープが自動で収納されます。
遮断棒
落下防止のための遮断棒です。DA-150A、DA-240Aは標準で付属します。

設置例

下階位置
途中
上階位置
カゴ内(下階)
カゴ内(上階)
カゴ内(上から)
遮断棒
ふれ止め
ふれ止め(拡大)
自動収納スロープ
上部乗り越えブリッジ
上部乗り越えブリッジ
設置前
設置後